県警警部補大麻所持で逮捕/福岡

県警の警部補が大麻を所持した疑いで逮捕されました。大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは、福岡県警南警察署の総務課に勤務する警部補・佐藤昭義容疑者です。



警察によりますと、佐藤容疑者は29日、福岡県内でポリ袋に入った乾燥大麻をセカンドバッグに入れて所持していた疑いです。
佐藤容疑者は29日、JRの電車内にセカンドバッグを置き忘れ、その後JR久留米駅の駅員が不審物が入った落とし物として警察に届けていました。

調べに対し佐藤容疑者は、バッグは自分のものだと認めているものの、ポリ袋の中身については「大麻だとは思わなかった」と容疑を一部否認しています。
県警では大麻の入手ルートなどを詳しく捜査しています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です