パチンコ店のトイレに大便塗りつけた鹿児島市職員逮捕/鹿児島

鹿児島市内のパチンコ店でトイレの壁に大便を塗りつけたとして、鹿児島市職員の男が建造物損壊の疑いで逮捕されました。逮捕されたのは鹿児島市清掃事務所の主任・瀬筒弘之容疑者(36)です。


警察によりますと、瀬筒容疑者は23日午後5時過ぎ、市内のパチンコ店でトイレの個室の壁に大便を塗りつけた疑いがもたれています。

パチンコ店によりますと、7月に入ってからトイレの個室に大便が塗りつけられる被害が発生していました。防犯カメラの映像から瀬筒容疑者の関与が疑われ、警戒中でした。

23日、瀬筒容疑者がトイレから出てきた直後に個室内の壁が汚れていたのを店員が発見し、取り押さえました。
警察の取り調べに対して瀬筒容疑者は「負けた腹いせに行為をした」と容疑を認めています。

Twitterの声




関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です