酒気帯び状態で運転の自称高校生を逮捕/沖縄

那覇署は24日、酒気帯び状態でバイクを運転していたとして、自称那覇市在住の男子高校生(17)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕しました。


同日の午前2時半ごろ那覇市首里の市道を低速で走行しているバイクを不審に思った警察官が職務質問しました。呼気を調べたところ基準値の約1.5倍のアルコールが検出されたためその場で逮捕となりました。
容疑を認めているということです。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です