飲酒運転の米空軍兵を現行犯逮捕/沖縄

22日、酒を飲んだ状態で車を運転していたとして石川署は、米空軍兵(23)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕しました。



逮捕容疑は22日午後8時50分頃、恩納村内の国道58号で、酒気帯び状態で運転をした疑いです。「蛇行して走っている車がいる」と目撃した人から同署に通報があり、駆けつけた警察官が職務質問をし、発覚しました。

米空軍兵の呼気からは基準値の5倍以上のアルコールが検知されましたが、調べに対して「酒を飲んでいない」と容疑を否認しています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です