バス車内で虫ピンが見つかる/福岡

今月に入り、相次いで車内で縫い針が見つかっている北九州市営バスで22日、新たに虫ピンが置かれているのが見つかりました。


北九州市交通局によりますと、虫ピンが見つかったのは芦屋町発、折尾駅行きの市営バスの車内でした。花火大会の臨時便として運行していたバスで、長さおよそ3センチの虫ピンが落ちているのを乗客が発見しました。

バスの車内には約60人の乗客がいましたが、けが人はいませんでした。運行前の点検では異常は無かったということです。

北九州市営バスでは車内から縫い針が発見される事案が2件発生していて、点検や注意喚起を強化していました。

警察は威力業務妨害の疑いで捜査をしています。

ニュースの動画


関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です