ハリアー攻撃機墜落事故 同型機運用停止/沖縄

22日、アメリカ軍のハリアー攻撃機が沖縄本島東の海上に墜落した事故を受け、23日沖縄県がアメリカ軍に抗議した結果、ハリアー攻撃機の運用が一時停止されることが明らかになりました。

この事故は、22日嘉手納基地から飛び立ったアメリカ海兵隊のハリアー攻撃機が沖縄本島の海上に墜落したものです。

23日午後、沖縄県の安慶田副知事は在沖アメリカ軍の司令部があるキャンプフォスターを訪れ、事故原因を究明し結果を早期に公表する事や、原因が究明されるまで同じ型の機体の飛行を中止するよう抗議しました。

また、三連協も沖縄防衛局と外務省沖縄事務所に電話で抗議を行ったということです。

一方、県漁連では、事故原因の公表や、周辺水域の漁業への影響調査を行うよう求める抗議文を決議したということです。

これらを受け、在沖アメリカ海兵隊は、ハリアー攻撃機の運用を一時停止する意向を明らかにしました。


ニュースの動画


Twitterの反応

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です