大分高サッカー部監督が飲酒運転で事故/大分

26日、私立大分高サッカー部の川崎元気監督(38)が飲酒運転をして事故を起こし道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで書類送検されていたことがわかりました。



同校によると、2日夜大分市内の居酒屋で校長らと一緒にビールやハイボールなどを飲んだ後、近くに停めていた車を運転。追突事故を起こしました。
その後、校長に「車をぶつけられた」と電話連絡し居酒屋に戻ってきました。校長が警察に連絡し、今月中旬に書類送検されました。
同校は17日付けで川崎氏を出勤停止とし、監督を解任しました。

校長は「保護者や生徒に申し訳ない」と陳謝しています。




関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。