サーフィン中の男性死亡/福岡

26日午前10時25分、福岡県糸島市二丈鹿家の海岸で、サーフボードを足に着けた状態の男性が浮かんでいるのを近くにいた男性が見つけ119番、搬送先の病院で死亡が確認されました。



死因は溺死で、亡くなったのは会社員、平田力也さん(46)でした。

糸島署によると、平田さんは午前10時ごろからサーフィンをしていて、砂浜から約20メートル先で発見されました。持病などは確認されておらず、何らかの原因で溺れたとみています。




関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。