北九州市議会事務局が情報漏えい/福岡

政務活動費を巡る問題で、北九州市の議会事務局が、政務活動費について報道機関や市民団体からの情報公開請求があった場合、その内容や社名・団体名などの情報を議員側に口頭で伝えていたことが分かりました。

このような情報漏えいは、議員側に情報公開請求後の取材対応などに事前に備えてもらうために、少なくとも2013年以降、慣例的に行われていたということです。件数については調査中としています。

また、議員からの依頼に対して、本会議の傍聴人の個人情報のコピーを渡したり、閲覧させたりしていたことも分かりました。

北九州市は「不適切な行為で、今後は行わない」とコメントしています。


Twitterの反応

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です