沖縄本島東沖合で米軍ハリアー攻撃機が墜落/沖縄

22日午後2時前、アメリカ軍のハリアー攻撃機が沖縄本島東の沖合に墜落する事故がありました。

事故があったのは、沖縄本島辺戸岬の東およそ150㌔にあるアメリカ軍の訓練空域の海上で、22日午後1時過ぎに嘉手納基地を飛び立ったアメリカ軍海兵隊のハリアー攻撃機が午後2時過ぎ、墜落しました。パイロットは救難ヘリに救助され無事ということです。

第11管区では巡視船1隻と航空機1機が現場に向かい、状況の確認を急いでいます。

今回の墜落事故で漁船などへの被害は確認されていないということです。


ニュースの動画


Twitterの反応

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です