架空請求詐欺で40代男性が120万円騙し取られる/佐賀

26日、佐賀県三養基郡で有料動画サイトの架空請求詐欺事件があり、40代男性が、現金約120万円をだまし取られました。

16日、佐賀県三養基郡の40代男性に、有料動画サイトの料金が未納となっているという内容のメールが届きました。男性が記載されていた番号に電話したところ、男からコンビニのプリペイド型電子ギフト券で支払うよう指示され、男性は14万3千円分を購入して券番号を教えました。その後も2回に渡り請求が続き、42万3千円分と63万円分の券番号も教えたということです。




県内では架空請求詐欺事件が相次いでいて、警察が注意を呼び掛けています。







関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です