平戸市で架空請求詐欺 60代女性が35万円被害/長崎

24日、平戸市の60代の女性が、35万円を騙し取られる架空請求詐欺事件がありました。

警察によると、24日午後、平戸市に住む保育士の女性に「有料サイトの閲覧があり未納料金がある」と架空請求のメールがありました。




女性が、メールに記載されていた番号に電話をかけたところ、男におよそ40万円の支払いを求められました。

その後、女性は平戸市と佐世保市のコンビニエンスストア7店舗で、あわせて35万円分の電子マネーを購入し、男にID番号を教えたということです。







関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です