伊万里漁港で見つかった女性2遺体 死因は溺死/佐賀

20日、伊万里市の漁港で女性2人が遺体で見つかった事件で、司法解剖の結果、死因は溺死だったことが明らかになりました。

20日早朝、伊万里市山代町の浦ノ崎漁港で女性の遺体が見つかり、午後には、50メートルほど離れた場所で別の女性の遺体が見つかりました。

いずれも目立った外傷はなく死後2、3日が経っていて、司法解剖の結果、2人の死因は溺死と判明しました。

遺体で見つかった女性らの特徴は、一人は50代から80代くらいで身長は145センチほど、もう一人は40代から60代くらいで身長は155センチほどだということです。

警察は引き続き身元の確認を急ぐとともに、2人の関連性を含め調べを進めています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です