17歳少年にわいせつ行為 自衛隊員の男を停職処分/宮崎

2015年12月、宮崎市で17歳の少年にわいせつな行為をしたとして逮捕された男性自衛隊員が、21日付けで停職6日の懲戒処分となりました。

処分を受けたのは、宮崎県新富町の新田原基地、航空救難団飛行群所属の男性3等空曹(31)です。




男性隊員は、2015年12月に宮崎市内にある公園駐車場でインターネット上で知り合った少年(当時17歳)にわいせつな行為をしたとして、「青少年の健全な育成に関する条例」違反容疑で逮捕されました。

これを受け、新田原基地は21日、男性隊員を停職6日の懲戒処分としました。




ツイッターの声



関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です