組事務所に火炎瓶 組長に懲役3年の実刑判決/福岡

今年1月、福岡市にある山口組系の組事務所に火炎瓶を投げ入れたとして逮捕された暴力団組長の男に対し、21日、懲役3年の実刑判決が言い渡されました。

判決を受けたのは、指定暴力団・神戸山口組系組長小島慎也被告(44)です。

判決によりますと小島被告は、今年1月、男2人と共謀して福岡市中央区にある山口組系の組事務所に、ガソリンが入った火炎瓶2本を投げ入れました。

21日の判決で、福岡地裁は「住宅街の一角で危険性が高い」として小島被告に対し、懲役3年の実刑判決を言い渡しました。


ニュースの動画


Twitterの反応

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です