北九州市で壁に軽乗用車が突っ込む 親子3人死傷/福岡

19日午後、北九州市で、老人ホームの壁に軽乗用車が衝突する事故があり、親子2人が死亡、もう1人の女児が意識不明の重体です。

事故があったのは、北九州市小倉北区清水の市道で、19日午後1時半ごろ、軽乗用車が坂道を下ったところに建っている老人ホームの壁に衝突しました。




この事故で、軽乗用車に乗っていた親子3人が病院に搬送されましたが、運転していた30代の母親と助手席の小学生とみられる女児1人が死亡しました。また、後部座席に乗っていた6歳前後とみられる女児も意識不明の重体です。

警察が事故の状況を詳しく調べています。




動画

ツイッターの声



関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です