阿久根市でごみ処理機械に挟まれ作業員の男性死亡/鹿児島

18日、阿久根市の生ごみ処理施設で、男性が機械に挟まれ死亡する事故がありました。

事故があったのは、阿久根市鶴川内にある生ごみ処理施設で、18日午後5時すぎ、作業員の堀切由大さん(21)が機械に挟まれているのを別の職員が発見しました。堀切さんは、1時間40分後に現場で死亡が確認されました。




事故当時、堀切さんは1人で作業をしていたということで、警察が事故の原因を調べています。




ツイッターの声



関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です