大分市殺人未遂事件 元同僚との金銭トラブル原因か/大分

16日夜、大分市の住宅で起きた殺人未遂事件で、逃走中の男が、被害者の勤務先の元同僚で、金銭をめぐるトラブルから犯行に及んだとみられることが分かりました。




大分市で殺人未遂事件 知人男性逃走中/大分 

2017.03.18

この事件は、16日夜、大分市八幡の衛藤久宜さん(38)が、自宅で知人の男にバールのようなもので頭を殴られた上、刃物で首を切りつけられたものです。事件後、逃走した男が使用したとみられる車が玖珠町内で発見されましたが、男は現在も逃走を続けています。

その後の警察の調べで、逃走中の男は被害者の勤務先の元同僚(32)で、衛藤さんと男の間には金銭トラブルがあったことが分かりました。男は現金の受け渡しをする際に犯行に及んだとみられていて、住宅の近くからは凶器と見られるバールが見つかっています。

警察は殺人未事件として捜査し、捜索範囲を広げて男の行方を追っています。




関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です