戦車の操縦誤り接触事故 27歳自衛隊員に懲戒処分/大分

2015年11月、陸上自衛隊玖珠駐屯地内で戦車の操縦を誤り、トレーラーとの接触事故を起こしたとして、17日、男性自衛隊員が減給の懲戒処分となりました。

懲戒処分を受けたのは、陸上自衛隊玖珠駐屯地、第4戦車大隊に所属する男性自衛隊員(27)です。




男性隊員は2015年11月、駐屯地内で開かれた一般向けのイベントで戦車を操縦していた際、操縦を誤り駐車していたトレーラー3台に接触させる事故を起こしました。

17日、玖珠駐屯地は男性隊員に対し、減給30分の1、1か月の懲戒処分としました。




ツイッターの声

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です