別府警察署隠しカメラ事件 元刑事官ら4人略式起訴/大分

20日、別府警察署の隠しカメラ設置事件に関わったとして、幹部ら4人が建造物侵入の罪で略式起訴されました。

略式起訴されたのは、別府警察署の前の刑事官と刑事二課長、捜査員2人のあわせて4人です。

起訴状によると、4人は、参院選公示前の6月に5回にわたり、、別府市の野党の支援団体の敷地に無断で侵入した建造物侵入の罪に問われています。

刑事官らの起訴を受け、県警の松坂規生本部長は「この結果を厳粛に受け止め、不適正捜査を二度と起こさないよう取り組んでいきたい」とコメントしています。


Twitterの反応

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です