駐車場で事故繰り返す 酒気帯び運転容疑で男を逮捕/福岡

15日未明、北九州市のマンションの駐車場で、車などにぶつける事故を繰り返していたとして、酒気帯び運転の疑いで男が逮捕されました。

逮捕されたのは、自称・建設業の海田道也容疑者(47)です。

警察によると、15日午前2時15分すぎ、北九州市門司区寺内のマンションの駐車場で前進やバックを繰り返し、駐車車両や壁にぶつけている車があるとの110番通報がありました。駆けつけた警察官が、車を運転していた男の呼気を調べたところ、基準値の3倍近いアルコールが検出されたため、酒気帯び運転容疑で現行犯逮捕しました。

警察の調べに対し、海田容疑者は「ビールや焼酎を飲んだ」と容疑を認めているということです。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です