出資法違反容疑で男女3人再逮捕 総額4億超被害/宮崎

うその投資話を持ち掛け、金を集めたとして、出資法違反の疑いで男女3人が再逮捕されました。

再逮捕されたのは、鹿児島県日置市の東操容疑者ら3人です。



3人は、「オニキス東」という投資会社を名乗り、2015年4月から10月にかけ県内外の男女3人に「毎月、配当金が出資額の2割支払われる」といううその投資話を持ちかけ、現金1500万円を不正に預かった疑いがもたれています。

警察の取り調べに対し、3人は、いずれも容疑を認めているということです。

3人は、おととしだけで300人から総額4億数千万円を預かっていたことがすでに分かっていて、警察がさらに余罪について調べています。

出資法違反で3人逮捕 1400万円不正に集める/宮崎

2017.02.22



関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です