豊前女児殺害事件 被告に死刑求刑/福岡

去年、福岡県豊前市で小学5年の女の子に性的暴行を加えた上、殺害した罪に問われている男の裁判で、検察側は死刑を求刑しました。

この事件は、去年1月、福岡県豊前市の土建業・内間利幸被告(47)が、当時小学5年だった女の子を車で連れ去り、性的暴行を加えた上、首を絞めて殺害し、遺体を遺棄したものです。

20日開かれた公判で、検察側は、「身勝手な動機で幼い被害者に耐え難い苦痛、絶望感を与えながらその命を奪ったものであり非道の一言に尽きる」と事件の残虐性を主張しました。また、内間被告には同様の前科があることから更生は期待できないとして死刑を求刑しました。

一方、弁護側は、死体遺棄以外の罪については成立しないとした上で、有期の懲役刑が相当と主張しました。

判決は、来月3日に言い渡される予定です。


ニュースの動画


Twitterの反応

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です