浦添市で軽貨物車横転事故 男性1人死亡/沖縄

9日未明、浦添市の国道で、軽貨物車が中央分離帯を乗り越え横転し、運転手の男性が死亡する事故がありました。

事故があったのは、浦添市西原の国道330号線で、9日午前2時半頃、男女2人が乗った軽貨物車が、歩道側の縁石に接触し、その弾みで中央分離帯の木に衝突し、対向車線で横転しました。

この事故で、運転手の那覇市・アルバイト玉城直さん(34)が搬送先の病院で死亡が確認されました。また、一緒に乗っていた20代の女性は軽いけがをしました。

警察が事故の原因について詳しく調べています。

Twitterの反応

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です