北九州市の違法パチスロ店 元店長に有罪判決/福岡

北九州市のパチスロ店で、客に違法な賭博させた罪に問われていた男の裁判で、8日、執行猶予付きの有罪判決が言い渡されました。

判決を受けたのは、パチスロ店の元店長の北九州市小倉北区・吉開靖晃被告(43)です。

吉開被告は、去年11月から今年1月にかけて、小倉北区の店で、違法なパチスロ機を設置し、客に賭博をさせた常習賭博の罪に問われていました。

8日開かれた裁判で、鈴嶋晋一裁判官は、「数年に渡って違法賭博に関与し常習性は顕著だが、反省している」などとして、吉開被告に懲役1年、執行猶予3年の有罪判決を言い渡しました。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です