嘉麻市飲酒ひき逃げ事件 運転手の男に実刑判決/福岡

去年8月、福岡県嘉麻市で、酒を飲んで軽トラックを運転し、高齢の女性2人を死傷させた男に懲役5年の判決が言い渡されました。

判決を受けたのは、日通の元社員の大里敏也被告(59)です。

大里被告は、去年8月、嘉麻市で酒を飲んだ状態で軽トラックを運転し、当時、横断歩道を渡っていた女性2人をはねたうえ、現場から逃走しました。この事故で、野口由喜子さんが亡くなり、福本順子さんが重傷を負いました。

福岡地裁は、「勤務中や帰宅前に飲酒して運転を繰り返していた」と指摘し、「被害者への賠償などを最大限考慮しても、厳しい刑は免れない」として、懲役5年の実刑判決を言い渡しました。

ニュースの動画

Twitterの反応

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です