宮崎県内でレジオネラ症に感染した60代男性死亡/宮崎

宮崎県内の60代の男性がレジオネラ菌に感染し、4日死亡していたことが判明しました。

男性は3月1日、食欲低下やせきの症状を訴え、翌日に呼吸困難となり宮崎市内の病院に入院していました。市の調査でレジオネラ菌に感染していたことが分かりましたが、男性は4日死亡が確認されました。

男性がレジオネラ菌に感染したルートなどについては調査が進められています。

レジオネラ症による死亡事例は宮崎市では初めてで、保健所は、水回りのこまめな清掃や給湯設備の定期的な掃除を行い感染予防に努めるよう呼びかけています。

Twitterの反応

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です