福岡市金塊6億円盗難事件 すでに4億円分換金/福岡

去年、福岡市のJR博多駅近くでおよそ6億円相当の金塊が盗まれた事件で、このうち、約4億円分が換金されていたことが分かりました。

この事件は去年7月、福岡市博多区のJR博多駅近くのビル前で、男性らが転売のために6億円相当の金塊約160キロを持ち運んでいた際、警察官のような服装をした複数の男らに奪われたものです。

その後の調べで、盗まれた金塊の半分以上は事件から1週間以内に2回に分けて、都内の買い取り業者にすでに約4億円で換金されていたことが分かりました。

また、この買い取り業者が盗まれた物だと知りながら金塊を買い取った疑いがあるということで、警察が調べを進めています。

Twitterの反応

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です