福岡県内で飲酒運転相次ぐ 男3人逮捕/福岡

18日未明、福岡県内では飲酒運転が相次ぎ、男3人が現行犯逮捕されました。

警察によると、午前3時過ぎ、福岡市中央区舞鶴で、酒に酔って車を運転したとして、男が逮捕されました。

酒気帯び運転の疑いで逮捕されたのは、福岡市中央区の自称自営業・森山章宏容疑者(60)です。

パトカーが交差点を大きく膨らみながら曲がる普通乗用車を見つけ、警察官が運転していた森山容疑者の呼気を調べたところ、基準値の8倍を超えるアルコールを検出したため、現行犯逮捕しました。森山容疑者は、容疑を認めているということです。

このほかにも18日未明、福岡県内では酒気帯び運転が相次ぎ、北九州市八幡西区に住む自称自営業・正路正徳容疑者(50)と久留米市北野町に住む会社員・峯隆二容疑者(60)が現行犯逮捕されています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です