釣り中に高波にさらわれ男性死亡/鹿児島

南さつま市で、釣りをしていた男性が、高波にさらわれ海に転落し、死亡する事故がありました。

亡くなったのは、鹿児島市田上6丁目の放射線技師・下園大介さん(40)です。

下薗さんは、18日午前8時ごろ、南さつま市坊津町の海岸で釣りをしていましたが、高波にさらわれて海に転落したと、近くにいた釣り人から通報がありました。

駆けつけた消防が捜索を行い、約30分後に、海岸から約500m沖合で、下園さんがうつぶせに浮いているところを発見しました。下園さんは救命胴衣を着用しておらず、その後、死亡が確認されました。

当時、現場付近には4mほどの高波が押し寄せていたということです。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です