ドローンを無許可で飛行の男を逮捕/福岡

3日、福岡県警八幡東署は小型無人機ドローンを無許可で飛行させた航空法違反の疑いで、北九州市戸畑区の会社員の男(58才)を逮捕しました。

八幡東署によると人や建物が密集する地域でドローンを無許可で飛行させて逮捕の前例は全国で初めてということです。
男は昨年8月21日午後6時半ごろ、同市小倉北区西港町で、許可を受けずにドローンを遠隔操作で飛行させ、現場周辺の工場や住宅地を撮影していたようです。10月ごろ、林の中で墜落したドローンが見つかり、動画に男が写っていたことから八幡東署は、男への呼び出しを複数回行いましたが、男が応じなかったため今回の逮捕となりました。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です