飯塚市長に当選の片峯氏初登庁/福岡

26日に行われた飯塚市長選で初めての当選を果たした前教育長片峯誠氏(60歳)が27日、初登庁しました。

午前8時過ぎに玄関前で市職員が花束を持って市長を迎え、午前9時半から就任式が行われました。就任式で市長は「教育長としてではなく市長の立場に変わって、職員の皆さんとチーム飯塚として市民のために仕事をする」と意気込みを語りました。また直後の記者会見では賭け麻雀問題への対応について「問題を蒸し返すことなく、前向きに市制を進める」と語りました。
市ではこの1か月間、市長、副市長、教育長が不在という異例の事態となっていました。

賭け麻雀で辞職の飯塚市長選告示/福岡

2017.02.20



関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です