「星の文化館」がリニューアルオープン/福岡

4月15日、八女市星野村にある「星の文化館」がリニューアルオープンします。

「星の文化館」は天体観測ができる宿泊施設として1991年にオープン、当時九州最大の天体望遠鏡を備えていたことから、全国各地から天文ファンや家族連れ、カップルなどが訪れていました。
今回、再び九州最大となる口径100センチの天体望遠鏡を導入し、隣接する「茶の文化館」と併せて、約4億7千万のリニューアル工事を行っていました。
新しい天体望遠鏡の他、1人利用のカプセルタイプの部屋を6人分増設、プラネタリウム投影機を更新し、宇宙を学べる展示コーナーも設置されました。
入館料は中学生以上が500円、小学生は300円、プラネタリウム鑑賞はそれぞれ200円、100円となっています。宿泊(1泊朝食付き)は中学生以上が7500円、小学生以下3500円となっています。

動画

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です