久留米市の強盗傷害事件 自作自演と判明/福岡

25日早朝、久留米市の駐車場で、男性がナイフで刺される強盗傷害事件が起きたと通報がありましたが、その後の捜査で、けがをした男性の自作自演だったことが分かりました。

25日午前6時40分ごろ、「野中町の駐車場で同僚が腕をナイフで刺された」と警察に通報がありました。

当初、駐車場で右肘にけがをしていた男性(26)は、警察に対し「駐車場で男にバッグを奪われそうになり、抵抗したら、右ひじをナイフで刺された」と説明していましたが、男性が凶器の刃物を持っているなど不自然な点があり、警察が追及したところ、事件の自作自演を認めたということです。

警察の取り調べに対し男性は「会社に行きたくなかった」と話しているということです。

警察は、虚偽申告容疑での立件も視野に、当時の現場の状況などについて調べを進めています。

Twitterの反応

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です