海上自衛隊員が同僚の衣類を盗み売却 懲戒免職処分/沖縄

自衛隊官舎で同僚の衣類を盗んで売却していた男性自衛官が24日懲戒免職処分となりました。

処分を受けたのは、海上自衛隊第5航空群第5整備補給隊に所属する45歳の男性自衛官です。

男性自衛官は、去年7月からおよそ4か月の間、自衛隊官舎で同僚の衣類を繰り返し盗み、リサイクルショップに売却していました。男性自衛官は現金およそ5万円を得ていて、「金欲しさでやった」などと供述しているということです。

これを受け、海上自衛隊は、男性自衛官を24日付で懲戒免職処分としました。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です