解体作業中に鉄骨倒壊 作業員の男性死亡/佐賀

24日午前、小城市の工事現場で、解体作業中に鉄骨が倒壊し、作業員の男性が倒壊した鉄骨に挟まり死亡する事故がありました。

事故があったのは、小城市三日月町金田で、24日午前8時55分ごろ、ショベルカーで鉄骨の骨組みの解体作業をしていた長崎県佐世保市宮田町・会社員森山和也さん(45)が、倒壊した鉄骨に挟まりました。

森山さんは、病院に搬送されましたが、約4時間後に死亡しました。

警察が事故の原因を詳しく調べています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です