佐賀市で架空請求詐欺 30代女性被害/佐賀

24日、佐賀市内で、30代女性が現金をだまし取られる架空請求詐欺事件がありました。

警察によると、23日午前10時ごろ、佐賀市内の30代の女性の携帯電話に「未納料があり、法的手段に移行する」というメールがありました。女性がメールに記載されていた電話番号に連絡したところ、「電話をつないだまま、金融機関に行ってください」と指示されたということです。その後、女性は指定された口座に現金を振り込み、38万8000円をだまし取られました。

県内では、詐欺事件による被害が相次いでおり、警察が注意を呼び掛けています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です