熊本地震で通水ストップの通潤橋周辺の棚田修復ボランティア募集 /熊本

熊本県山都町の地元農家などが、通潤橋周辺の棚田修復ボランティアを3月11、12日の両日募集しています。参加費は3千円(食事代込)、農家と交流しながら1泊2日で作業に当たります。

通潤橋は江戸時代に掛けられた石造りの水路橋で、同町の白糸台地の通水により周辺の棚田を潤していました。地域に溶け込んだその風景は「国の重要文化的景観」にも選定されています。しかし熊本大地震その後の豪雨などにより、水路や棚田に土砂が流入するなどの被害を受け、今も営農できない農家もあります。
地元農家の下田美鈴さんは「通潤橋は棚田があってこそ価値がある。多くの人の力を借りてピンチをチャンスに変えたい」と話しています。

H5見出しb

山都町棚田復興プロジェクト Facebookページ
https://www.facebook.com/yamato.tanada.project/

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です