九重町で軽トラが街路灯に衝突 86歳女性死亡/大分

16日、大分県九重町の国道で、軽トラックが道路沿いの街路灯に衝突する事故があり、助手席に乗っていた高齢女性が死亡しました。

事故があったのは、九重町町田の国道387号で、16日午後7時過ぎ、高齢男性が運転する軽トラックが街路灯に衝突しました。

この事故で、助手席に乗っていた妻の平山ツユ子さん(86)が病院に搬送されましたが、およそ10時間後に死亡が確認されました。

現場は、緩やかな右カーブで、運転していた平山さんの夫は「雨で道路が見えにくかった」と話しているということです。警察が詳しい事故の原因を調べています。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です