3人乗りバイクを運転の小学生飲酒運転で1人死亡/沖縄

今月12日深夜に、沖縄県恩納村山田の国道58号で125ccのバイクに小中学生の男女3人が乗って転倒し、男子中学生(15)が死亡する事故がありました。

22日、捜査関係者への取材から、運転していたのは小学6年生の男子児童だったこと、また酒気を帯びた状態で運転していたことやバイクは児童の家族名義であることも判明しました。死亡した男子中学生と重傷を負った女子中学生からは、アルコールは検出されませんでした。飲酒した場所などは、まだ特定されていません。

男子児童は刑事責任能力がない14歳未満のため、県中央児童相談所に送致されました。容疑は、自動車運転処罰法(過失致死傷、無免許)、道交法違反(酒気帯び)で、男子児童は事実関係を認めているようです。児相は今後、調査などを行い処分を判断します。

関連記事

九州のニュースをいち早くお届け
NQNews Twitterアカウント開設しました

NQNews KYuSHuの更新をお知らせするTwitterアカウントです。フォローするとニュースの更新をしたときにお知らせが届きます。ぜひフォローしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です